26日、イギリス・アスコット競馬場が6月に行われるロイヤルアスコット開催の登録馬を発表。開催2日目となる6月15日のプリンスオブウェールズS(英G1)の登録馬は21頭。名だたる強豪馬の中に日本馬シャフリヤール(牡4、栗東・藤原英昭厩舎)も名前を連ねており、ウィリアムヒルやラドブロークス、コーラルなど複数の大手ブックメーカーで1番人気に推されている。

 シャフリヤールは父ディープインパクト、母ドバイマジェスティ、母の父Essence of Dubai。全兄に2017年の皐月賞と2019年の大阪杯を勝利したアルアインがいる血統。

 2020年に京都競馬場で行われた2歳新馬戦でデビュー。昨年の東京優駿では直線一気の末脚を炸裂させ、後の年度代表馬エフフォーリアをハナ差差し切り「日本ダービー馬」の栄光を掴んだ。今年の始動戦はドバイで行われたドバイシーマクラシック。2021年BCターフ覇者ユビアーの猛追を退け、日本ダービー馬として初めて海外G1を制する偉業を達成している。

 プリンスオブウェールズSにはシャフリヤールのほか、デビューから6戦無敗かつG1連勝中のバーイード、昨年のサウジCやドバイシーマCを制するなど万能的に活躍しているミシュリフ、前走ドバイターフでパンサラッサとの1着同着で連覇を果たしたロードノース、昨年の英ダービー馬アダイヤー、昨年の英チャンピオンS覇者シリウェイ、2020年英チャンピオンS勝ち馬アデイブなどが登録されている。