5月1日に阪神競馬場で行われる、第165回天皇賞・春(4歳上・GI・芝3200m・1着賞金2億円)の枠順が28日確定した。

 阪神大賞典の連覇を果たしたディープボンド(牡5、栗東・大久保龍志厩舎)は8枠18番からのスタートとなった。

 また、昨年の菊花賞馬タイトルホルダー(牡4、美浦・栗田徹厩舎)は8枠16番、4連勝でダイヤモンドSを制したテーオーロイヤル(牡4、栗東・岡田稲男厩舎)は4枠7番に入った。

 その他、阪神大賞典で2着のアイアンバローズ(牡5、栗東・上村洋行厩舎)は1枠1番、同3着のシルヴァーソニック(牡6、栗東・池江泰寿厩舎)は8枠17番、今年の万葉S勝ち馬マカオンドール(牡4、栗東・今野貞一厩舎)は3枠5番となっている。発走は15時40分。枠順は以下の通り。

 ( )内は性齢、騎手・調教師

1-1 アイアンバローズ(牡5、石橋脩・上村洋行)
1-2 ハーツイストワール(牡6、C.ルメール・国枝栄)
2-3 ディバインフォース(牡6、田辺裕信・寺島良)
2-4 ユーキャンスマイル(牡7、藤岡佑介・友道康夫)
3-5 マカオンドール(牡4、松山弘平・今野貞一)
3-6 メロディーレーン(牝6、岩田望来・森田直行)
4-7 テーオーロイヤル(牡4、菱田裕二・岡田稲男)
4-8 クレッシェンドラヴ(牡8、内田博幸・林徹)
5-9 ヒートオンビート(牡5、池添謙一・友道康夫)
5-10 トーセンカンビーナ(牡6、藤岡康太・加藤征弘)
6-11 マイネルファンロン(牡7、松岡正海・手塚貴久)
6-12 ハヤヤッコ(牡6、武豊・国枝栄)
7-13 ロバートソンキー(牡5、伊藤工真・林徹)
7-14 ヴァルコス(牡5、三浦皇成・友道康夫)
7-15 タガノディアマンテ(牡6、幸英明・鮫島一歩)
8-16 タイトルホルダー(牡4、横山和生・栗田徹)
8-17 シルヴァーソニック(牡6、川田将雅・池江泰寿)
8-18 ディープボンド(牡5、和田竜二・大久保龍志)

※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください。