5月1日に阪神競馬場で行われる天皇賞・春(4歳上・GI・芝3200m)。低人気だが、マイネルファンロン(牡7、美浦・手塚貴久厩舎)に期待したい。

 マイネルファンロンは父ステイゴールド、母マイネテレジア、母の父ロージズインメイ。半妹に2021年のオークス馬ユーバーレーベン(父ゴールドシップ)がいる血統。

 2017年9月に中山競馬場でデビュー。2戦目で勝ち上がり、3歳時にはクラシック・皐月賞にも出走。2019年4月の湾岸S勝利でオープン入りを決めた。

 オープン入り後初の重賞挑戦となった同年の函館記念では2着に好走。その後、しばらく凡走が続いたが、2021年9月の新潟記念で12番人気の低評価を覆して重賞初制覇。重賞挑戦11度目での悲願達成となった。

 今年の始動戦にはAJCCを選択。11番人気だったが、勝ち馬と0.2秒差の2着に好走している。通算成績は34戦5勝。

 ステイゴールド産駒は、2013・2014年のフェノーメノ、2015年のゴールドシップ、2018年のレインボーラインと天皇賞・春で4勝をあげており、絶好の舞台。また、今回鞍上を務める松岡正海騎手は同競走を2009年に12番人気のマイネルキッツで勝利している。

 ステイゴールド産駒×松岡正海騎手と言えば、香港G1・2勝のウインブライトが記憶に新しい。さらに、同騎手に約3年ぶりのJRA重賞制覇をもたらした今年の中山牝馬S覇者クリノプレミアムも、その父はステイゴールドの代表産駒オルフェーヴルだった。

 黄金一族にとって好相性の舞台と騎手が整った今回のレース。マイネルファンロンの激走に期待したい。