30日、阪神競馬場で行われた矢車賞(3歳・牝・1勝クラス・芝2200m)は、馬群の後ろでレースを進めた幸英明騎手騎乗の3番人気ワーフデール(牝3、栗東・森田直行厩舎)が、直線で前の各馬を差し切り、2着の7番人気ビジン(牝3、栗東・武英智厩舎)に3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分12秒3(良)。

 さらに3/4馬身差の3着に1番人気ヒヅルジョウ(牝3、栗東・岡田稲男厩舎)が入った。なお、2番人気スタティスティクス(牝3、栗東・石坂公一厩舎)は6着に終わった。

 勝ったワーフデールは、父ハービンジャー、母マラムデール、その父フレンチデピュティという血統。通算成績はこれで5戦2勝。