昨年の菊花賞などGI・2着2回のオーソクレース(牡4、美浦・久保田貴士厩舎)が、トルコで種牡馬入りすることがわかった。

 ターキッシュ・ブラッドストック社が日本時間30日にTwitterで発表。同社は過去にメールドグラースなども購入。「我々は日本の競馬産業をとても信頼し、いつも日本から馬を買っています」とコメントしている。

 オーソクレースは父エピファネイア、母はGI・2勝の名牝マリアライト、母の父ディープインパクト。おじにはクリソライト・クリソベリルとダートのスターホースがいる血統。

 1月23日のAJCC(GII・6着)に出走後、右前脚浅屈腱炎を発症。治療に時間を要すため現役を引退することが発表されていた。通算成績は6戦2勝。



【関連記事】