1日、高知競馬場で行われた第26回黒潮皐月賞(3歳・重賞・ダ1400m・1着賞金800万円)は、好位馬群の後ろでレースを進めた畑中信司騎手騎乗の5番人気ヴェレノ(牝3、高知・宮川真衣厩舎)が、前で競り合う1番人気アンティキティラ(牝3、高知・別府真司厩舎)と3番人気マリンスカイ(牡3、高知・国澤輝幸厩舎)をゴール寸前で差し切って優勝した。勝ちタイムは1分31秒0(重)。

 アタマ差の2着にアンティキティラ、さらにアタマ差の3着にマリンスカイが入った。なお、2番人気デーモン(牡3、高知・打越勇児厩舎)は5着に終わった。

 勝ったヴェレノは、父プリサイスエンド、母アンジェロ、その父マンハッタンカフェという血統。重賞はこれが初勝利。

 昨年12月1日付けで騎手から調教師に転身し、今年の2月が管理馬の初出走だった宮川真衣調教師(騎手時代は性・別府)にとっては、通算3勝目にしてうれしい重賞初勝利。また、今年から高知に移籍した畑中信司騎手にとっても、移籍後初の重賞勝利となった。