セリフォスに注目したい。4か月半ぶりの休み明けを制して3歳マイル王に輝くことができるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■5/8(日) NHKマイルC(3歳・牡牝・GI・東京芝1600m)

 セリフォス(牡3、栗東・中内田充正厩舎)は昨年新馬戦、新潟2歳S、デイリー杯2歳Sでデビュー3連勝。続く朝日杯フューチュリティSは2着に敗れたが、勝ち馬に目標にされた結果で負けて強しの走りだった。今回はそれ以来4か月半ぶりでも仕上がっており、雪辱が期待される。鞍上は初コンビの福永祐一騎手。

 ダノンスコーピオン(牡3、栗東・安田隆行厩舎)は今年初戦の共同通信杯で7着に敗れたが、アーリントンCで巻き返して重賞初制覇を果たした。朝日杯フューチュリティSで3着という実績もあるように元々ポテンシャルは上位の存在。中2週での遠征はカギとなりそうだが、ここも勝ち負けを期待したい。鞍上は川田将雅騎手。

 ジャングロ(牡3、栗東・森秀行厩舎)は1200mの中京2歳SとマーガレットSを制すと、続くニュージーランドTも2ハロンの距離延長をこなして逃げ切り勝ち。東京マイルは4走前に敗れているが、力を付け勢いがある今ならこなしてきそう。一気の4連勝で3歳マイル王の座につくことができるか。鞍上は引き続き武豊騎手。

 その他、ファルコンSの勝ち馬プルパレイ(牡3、栗東・須貝尚介厩舎)、シンザン記念を制したマテンロウオリオン(牡3、栗東・昆貢厩舎)、骨折明けのアーリントンCで3着だったキングエルメス(牡3、栗東・矢作芳人厩舎)、重賞で連続2着のタイセイディバイン(牡3、栗東・高野友和厩舎)、ジュニアCの勝ち馬インダストリア(牡3、美浦・宮田敬介厩舎)なども戴冠を狙う。発走は15時40分。