ブラックブロッサムに注目したい。無傷3連勝で重賞制覇なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■5/7(土) 京都新聞杯(3歳・GII・中京芝2200m)

 ブラックブロッサム(牡3、栗東・斉藤崇史厩舎)はキタサンブラック産駒で、新馬戦、大寒桜賞と連勝中。特に前走は後続に8馬身差を付ける圧勝で、上のクラスでもと思わせる走りだった。ここもクリアして大舞台へ向かうことができるか。鞍上はD.レーン騎手。

 リアド(牡3、栗東・友道康夫厩舎)はセレクトセールで5億760万円が付けられたディープインパクト産駒。前走の毎日杯は5着に敗れたが、緩い馬場がこたえた結果で見直す余地は十分あるだろう。開幕週の中京で巻き返しなるか。鞍上は川田将雅騎手。

 その他、すみれSを勝ったポッドボレット(牡3、栗東・辻野泰之厩舎)、京成杯3着など安定しているヴェローナシチー(牡3、栗東・佐々木晶三厩舎)、3か月ぶりのアスクワイルドモア(牡3、栗東・藤原英昭厩舎)、ゆきやなぎ賞を快勝したボルドグフーシュ(牡3、栗東・宮本博厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。