ステラリアに注目したい。休み明け3走目で巻き返し重賞初制覇なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■5/8(日) 新潟大賞典(4歳上・GIII・新潟芝2000m)

 ステラリア(牝4、栗東・斉藤崇史厩舎)は昨年のエリザベス女王杯2着馬。今年に入ってからは金鯱賞で11着、大阪杯で8着と敗れているが、レースを経るごとに良化傾向にはある。7走ぶりのGIIIで相手関係が楽になる今回、重賞初制覇を期待したい。鞍上は初コンビの川須栄彦騎手。

 レッドガラン(牡7、栗東・安田隆行厩舎)はオープンで安定した成績を積み重ね、今年の中山金杯で悲願の重賞初制覇。続く京都記念では6着、大阪城Sでは4着に敗れているが、いずれも大きく離されてはおらず状態はキープしている。1年3か月ぶりとなる岩田康誠騎手とのコンビに替わって巻き返しなるか。

 その他、ハンデ確定前時点では除外対象だが中山記念3着など実績上位のアドマイヤハダル(牡4、栗東・大久保龍志厩舎)、福島民報杯で2着のシュヴァリエローズ(牡4、栗東・清水久詞厩舎)、新潟では4戦4勝のアイコンテーラー(牝4、栗東・河内洋厩舎)、連勝で大阪城Sを制したアルサトワ(牡5、栗東・斉藤崇史厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時20分。