大和Sを制したジャスティン(牡6、栗東・矢作芳人厩舎)は、6月2日に門別競馬場で行われる北海道スプリントカップ(3歳上・JpnIII・ダ1200m)に登録する。

 ジャスティンは父オルフェーヴル、母シナスタジア、母の父Gone Westという血統。

 2018年10月に東京競馬場で行われた芝の新馬戦でデビュー。芝では2勝をあげたが、翌年9月にダートに転向。2020年1月にオープン入りを果たすと、同年に中央・地方あわせてダート短距離重賞3勝をあげた。2021年は勝ち星をあげられなかったが、今年2戦目の大和Sで久々の勝利を手にしている。通算成績は27戦9勝。