7日、中京競馬場で行われた京都新聞杯(3歳・GII・芝2200m)は、中団の内でレースを進めた岩田望来騎手騎乗の8番人気アスクワイルドモア(牡3、栗東・藤原英昭厩舎)が、直線で外に出されて脚を伸ばし、先に抜け出した7番人気ヴェローナシチー(牡3、栗東・佐々木晶三厩舎)をゴール前で差し切り、1/2馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは2分09秒5(良)。

 京都新聞杯終了時点、今年のJRA3歳重賞(全20戦)で、単勝人気順別の勝利数は下記のとおり。

1番人気 2勝
2番人気 5勝
3番人気 3勝
4番人気 3勝
5番人気 4勝
6-8番人気 1勝ずつ
9番人気以下 0勝

 8番人気以下は今回のアスクワイルドモアが初勝利。2-5番人気で15勝を占める一方、1番人気はチューリップ賞のナミュールと、アーリントンCのダノンスコーピオンのわずか2勝。

 桜花賞は単勝14.5倍の7番人気スターズオンアース、皐月賞は9.1倍の5番人気ジオグリフが制するなど、極端な波乱とまではいかないものの、一筋縄でいかない結果が続いている。

 8日には3歳マイル王決定戦・NHKマイルカップが行われるが、また伏兵が戴冠を迎えるか、それともこの辺りで順当な結果が出現するか。この先のオークス・日本ダービーまで含め、予想に頭を悩ませる日々が続きそうだ。