GI馬5頭を筆頭に好メンバーが集結した。古馬牝馬の頂点に輝くのはどの馬か。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■5/15(日) ヴィクトリアマイル(4歳上・牝・GI・東京芝1600m)

 デアリングタクト(牝5、栗東・杉山晴紀厩舎)は史上初の無敗牝馬三冠馬。昨年4月のクイーンエリザベス2世C(香G1)・3着後に故障が判明して長期休養を余儀なくされ、今回は約1年ぶりの実戦となる。いきなりの好メンバー相手で容易にはいかないだろうが、調整は着々と進んでいるだけに楽しみな復帰戦となる。鞍上は松山弘平騎手。

 ソダシ(牝4、栗東・須貝尚介厩舎)は20年の阪神JF、昨年の桜花賞でGI・2勝を挙げている白毛馬で、前走はフェブラリーSに挑戦して3着と好走した。今回は牝馬限定戦で、かつ過去に3戦3勝の芝マイルと条件は好転。年長の実績馬らを撃破してGI・3勝目なるか。鞍上は吉田隼人騎手。

 レイパパレ(牝5、栗東・高野友和厩舎)は昨年の大阪杯を制すなどオープン入り後は中距離路線を歩んできたが、今回距離短縮して初めてマイル重賞に挑む。オープン入り前は1600〜1800mで4連勝しており、距離自体は守備範囲だろう。新味を見せる走りでGI・2勝目に期待したい。鞍上は川田将雅騎手。

 その他、前走ではサウジアラビアの1351ターフスプリント(G3)を制したソングライン(牝4、美浦・林徹厩舎)、GI・1勝、2着5回の実績があるレシステンシア(牝5、栗東・松下武士厩舎)、東京新聞杯2着以来となるファインルージュ(牝4、美浦・木村哲也厩舎)、阪神牝馬Sで巻き返して2着のアンドヴァラナウト(牝4、栗東・池添学厩舎)、昨年のエリザベス女王杯覇者アカイイト(牝5、栗東・中竹和也厩舎)なども戴冠を狙う。発走は15時40分。