11日、大井競馬場で行われた第36回東京プリンセス賞(3歳・牝・重賞・ダ1800m・1着賞金2000万円)は、中団でレースを進めた御神本訓史騎手騎乗の1番人気スピーディキック(牝3、浦和・藤原智行厩舎)が、4コーナーから一気に進出してゴール前で抜け出し、詰め寄った5番人気コスモポポラリタ(牝3、大井・宗形竹見厩舎)にクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分53秒5(良)。

 さらに1馬身差の3着に2番人気レディオスター(牝3、船橋・矢野義幸厩舎)が入った。なお、3番人気クールフォルテ(牝3、大井・福田真広厩舎)は4着に終わった。

 勝ったスピーディキックは、父タイセイレジェンド、母デザートフラワー、その父サイレントディールという血統。桜花賞(浦和)からの連勝で、南関東牝馬三冠の二冠を達成した。通算成績はこれで10戦6勝(重賞5勝)。