昨年に引き続き、中京競馬場で行われる京都ハイジャンプ。レギュラーシーズンであれば、障害の重賞競走が組まれていない中京競馬場で、しかも使用される3900mコースは昨年に引き続き2度目というもの。

 高低差3.5mの坂はあるものの、難易度の高い障害はない。昨年は先行馬同士の決着で決まったようにスピードが求められるのはもちろんだが、馬場状態が微妙な今年は、最後まで集中力を切らさない精神的なスタミナが問われそうなレースだ。

 ◎ポルトラーノは、障害オープン勝ち馬。オルフェーヴル産駒で、エアグルーヴ直仔の母ポルトフィーノはJRA3勝馬。スタート直後にジョッキーを振り落としたエリザベス女王杯はカラ馬のまま大逃げを打ち、4角で外の膨れながらも豪快な追い込みで真っ先にゴールへと飛び込んだ。

 この馬は平地時代から前進気勢が強すぎる傾向があって成績が安定しないが、このような馬は得てして走りにくい馬場状態のときは折り合いがつくものだ。血統的には柔らかい馬場に対する適性は高く、新しい1面に期待したい。

 〇エコロドリームは、春麗ジャンプS3着馬。入障2戦目に勝ち上がり、オープン入りした以降も障害馬として高い素質を垣間見せるが、結果が伴ってこない印象だ。今回も、どこかで先頭に立つような競馬をすると思われるので、目標になってしまう不利はあるが、馬場状態を味方に押し切ってしまう可能性も十分。注目の1頭だ。

 ▲セデックカズマは牛若丸ジャンプS含めオープン級で2着3回。前走は、障害馬として将来が嘱望されている勝ち馬にこそ離されたが、それでも3着以下には6馬身の差をつけた。この馬の先行力は、今回のメンバーでは大きな武器だ。

 △タガノエスプレッソは障害重賞2勝。平地時代も含めると重賞3勝。スピードで勝負するタイプなので、馬場の回復がカギになりそうだが、オジュウチョウサンやメイショウダッサイらを相手に積み上げてきた実勢は他を大きくリードしている。勝てばあっさりという存在だ。