14日、中京競馬場で行われたあずさ賞(3歳・1勝クラス・芝2000m)は、先手を取った福永祐一騎手騎乗の3番人気セントカメリア(牝3、栗東・高野友和厩舎)が、そのままゴールまで逃げ切り、2番手を追走した1番人気ガイアフォース(牡3、栗東・杉山晴紀厩舎)に1.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分59秒6(重)。

 さらに3/4馬身差の3着に2番人気マテンロウスカイ(牡3、栗東・松永幹夫厩舎)が入った。

 勝ったセントカメリアは、父ドゥラメンテ、母アドマイヤテレサ、その父エリシオという血統。同舞台の未勝利に続く連勝を飾った。