14日、中京競馬場で行われた都大路S(4歳上・L・芝2000m)は、2番手でレースを進めた吉田隼人騎手騎乗の3番人気シフルマン(牡6、栗東・中尾秀正厩舎)が、直線に入って抜け出し、追い込んだ6番人気ダブルシャープ(牡7、栗東・渡辺薫彦厩舎)にクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分00秒5(稍重)。

 さらに3/4馬身差の3着に5番人気パトリック(牡6、栗東・岡田稲男厩舎)が入った。なお、1番人気ソフトフルート(牝5、栗東・斉藤崇史厩舎)は4着、2番人気アラタ(牡5、美浦・和田勇介厩舎)は5着に終わった。

 勝ったシフルマンは、父ハービンジャー、母ラブリネスオブパリ、その父サンデーサイレンスという血統。オープンはこれが初勝利。