15日、新潟競馬場で行われたはやぶさ賞(3歳・1勝クラス・芝直線1000m)は、2番手に付けた荻野極騎手騎乗の1番人気セリノーフォス(牝3、栗東・本田優厩舎)が、逃げた2番人気ネレイド(牝3、美浦・粕谷昌央厩舎)をゴール前で交わし、これにクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは55秒1(良)。

 さらに1.1/2馬身差の3着に6番人気ヤマトコウセイ(牝3、美浦・武井亮厩舎)が入った。なお、3番人気イスラアネーロ(牡3、栗東・吉村圭司厩舎)は9着に終わった。

 勝ったセリノーフォスは、父ダイワメジャー、母スキア、その父Motivatorという血統。通算成績はこれで9戦2勝。