JRAは17日、2020年アンタレスSに優勝したウェスタールンド(セ10、栗東・佐々木晶三厩舎)が、本日付で競走馬登録を抹消したことを発表した。

 ウェスタールンドは父ネオユニヴァース、母ユーアンミー、母の父Marquetryという血統。

 2014年8月の札幌・2歳新馬でデビューしたものの、詰めの甘いレースを繰り返し、初勝利を挙げたのは翌年3月の未勝利戦だった。以降もなかなかスムーズに勝ち上がることはできず、自己条件を連勝し、ようやくオープン入りしたのは6歳夏のことだった。

 そして、重賞初挑戦となった2018年のシリウスSで7番人気2着と気を吐くと、武蔵野S7着を挟んだ後、チャンピオンズCでも8番人気で2着と、ようやく本格化を印象付けた。その後はダート重賞を中心に出走。2020年のアンタレスSを制し、8歳にして重賞初制覇を成し遂げた。

 以降、善戦はするもののなかなか勝ち切れず、今年4月のアンタレスS7着を最後に競走馬登録を抹消、乗馬へと転用されることになった。

 通算成績は39戦6勝。獲得賞金は2億7361万5000円。今後は乗馬となる予定だが、けい養先は未定となっている。

(JRAの公式ホームページより)