前走の大阪杯で3着だったアリーヴォ(牡4、栗東・杉山晴紀厩舎)は、6月26日に阪神競馬場で行われる宝塚記念(3歳上・GI・芝2200m)へ向かう。

 アリーヴォは父ドゥラメンテ、母エスメラルディーナ、母の父Harlan's Holidayという血統。母は2014年の関東オークス(JpnII)を7馬身差で制したほか、韓国でトゥクソムCを制している。

 2020年10月に中京競馬場で行われたダートの2歳新馬戦でデビュー。以後は芝に路線変更し、3戦目に未勝利を勝ち上がった。2021年の国東特別(1勝クラス)、柳川特別(2勝クラス)を連勝し、牡馬クラシック最終戦・菊花賞(GI)にも出走を果たした。

 今年1月に迎えた始動戦・壇之浦S(3勝クラス)を快勝しオープン入りを果たすと、続く小倉大賞典(GIII)では前年のヴィクトリアマイル2着馬ランブリングアレーらを大外一気の末脚で豪快に差し切り重賞初制覇を成し遂げた。前走の大阪杯には武豊騎手との初コンビで臨み、上がり3F最速タイ(35.0秒)の末脚で3着入線を果たしている。通算成績は11戦5勝(うち重賞1勝)。