【細江純子=コラム『ホソジュンの幸せ馬房』】

◆オークスは混戦模様

 先週のヴィクトリアマイルは、ソダシの強さが際立つ一戦でしたね。

 追い切り時のルンルンぶりに加え、マイルという距離&ワンターンはこの馬にドンピシャの内容。

 しかしながらこの2戦がダートということもあり、その点の心配もあって対抗としましたが、終わってみれば距離適性&中間のケハイ&敏腕であり実績のある今浪厩務員・北村助手コンビ&吉田隼人騎手、信じるべきでした。

 しかも本命にしたソングラインにおいては、ストライドの大きいタイプゆえ、内枠で外に出さなければならない状況は、前後の間隔がタイトとなるGIでは厳しさがあったようにも…。道中、躓くシーンにそう感じながらも、最後は凄い脚で追いこんできており、負けはしましたが改めて能力の高さを感じるものでした。

 さて今週はオークスとなりますが、混戦模様。

 桜花賞を振り返ると、勝利したスターズオンアースは、勝負所で少しモタッとする面も感じられ、あの姿に逆にオークス向きと感じましたし最後も他馬とぶつかりながらも勝利を手にする姿に根性も感じました。またこの中間、桜花賞前よりも一回り大きくなった印象も受けますし、追い切りでのフォームも真っすぐに走れており、モタレル面の心配はなさそうなケハイ。

 ちょうど今週、サークルオブライフを担当する福田助手と話をしていた際、「厩舎も近いからスターズオンアースの運動を見るのだけど、やっぱりいい馬だよね。脚も長いし、体型的にもオークス向きそう」と、自分の馬の状態の良さを話しながらも、体型的にサークルオブライフは少し胴の詰まったムッチリ体型なだけに、そんなことを話されていました。

 さて一方、栗東馬で気になったのが、ウォーターナビレラ。この馬は逆に、桜花賞が最大目標で、折り合い面を考えてもマイル向きなのかな? と感じていましたが、先週&今週の追い切りでの併走馬にあわさっていく時のハミの感じが以前とは違い、コントロールが柔軟に。

「使うたびに精神的に大人になっているから、今の雰囲気ならば、面白みを感じる」と南井助手。なんでも、馬場入りの際も以前とは違い、速歩になることなく落ち着いておろせるようになっており、気持ちの面における成長度が大きい様子。あとはスタンド前発走なだけに、その点で落ち着いていることが条件となりそうです。

 それでは皆さん、日曜日午後3時はフジテレビ「みんなのKEIBA」でお逢いしましょう。ホソジュンでしたぁ。

【関連記事】