22日、中京競馬場で行われた鳳雛S(3歳・L・ダ1800m)は、後方からとなった藤岡佑介騎手騎乗の1番人気ハピ(牡3、栗東・大久保龍志厩舎)が、直線で一気に抜け出し、内を突いた3番人気タイセイドレフォン(牡3、栗東・西村真幸厩舎)に2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分53秒0(良)。

 さらに3馬身差の3着に2番人気セイルオンセイラー(牡3、美浦・田中博康厩舎)が入った。

 勝ったハピは、父キズナ、母クイーンパイレーツ、その父キングカメハメハという血統。新馬戦、1勝クラスに続くデビュー3連勝を飾った。