ダービー後の東京12Rで行われる伝統の一戦。ここはアリストテレスに注目したい。復帰戦を制し重賞2勝目なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■5/29(日) 目黒記念(4歳上・GII・東京芝2500m)

 アリストテレス(牡5、栗東・音無秀孝厩舎)は昨年、中・長距離路線で7戦し勝ち星こそAJCCのみだったが、天皇賞(春)で4着、有馬記念で6着などタフに善戦を続けた。今年は日経賞での復帰が予定されていたが、外傷のため回避し仕切り直す運びに。調教の動きからして一頓挫の影響はなさそうで、いきなり勝ち負けが期待される。鞍上は武豊騎手。

 ボッケリーニ(牡6、栗東・池江泰寿厩舎)は昨年調子を落とした時期もあったが立て直され、今年初戦のAJCCで3着、続く日経賞でタイトルホルダーと僅差の2着と再び重賞で存在感を見せるようになった。府中は3勝クラスを勝って以来となるが、こなして復活の重賞2勝目なるか。鞍上は浜中俊騎手。

 その他、前年の覇者ウインキートス(牝5、美浦・宗像義忠厩舎)、前走天皇賞(春)の落馬競走中止から仕切り直しとなるシルヴァーソニック(牡6、栗東。池江泰寿厩舎)、今年の万葉S勝ち馬マカオンドール(牡4、栗東・今野貞一厩舎)、昨年のアルゼンチン共和国杯で3着だったフライライクバード(牡5、栗東・友道康夫厩舎)、昨年のセントライト記念勝ち馬アサマノイタズラ(牡4、美浦・手塚貴久厩舎)なども上位争いの圏内。発走は17時00分。