現地時間21日、ピムリコ競馬場でアメリカ三冠競走の第2戦・プリークネスS(3歳・G1・ダ1900m・9頭立て)が行われた。

 道中は好位2番手でレースを進めた3番人気アーリーヴォーティング(Early Voting、牡3、J.オルティス騎手)が4コーナー手前で先頭に立つと、内から追いすがる1番人気エピセンター(牡3、J.ロザリオ騎手)を1.1/4馬身差振り切って優勝した。勝ちタイムは1分54秒54(良)。

 今年のケンタッキーオークスを制して、2番人気に推された紅一点シークレットオース(牝3、L.サエス騎手)は序盤に両脇から挟まれ、最後方に下がる不利。4コーナー手前では先団まで押し上げたが、直線で力尽き4着に終わった。

 アーリーヴォーティングは父Gun Runner(その父Candy Ride)、母Amour d'Ete、母の父Tiznowという血統。米国のC.ブラウン厩舎の管理馬。

 今年のウィザーズS(米G3)制覇、ウッドメモリアルS(米G2)2着など重賞実績があり、ケンタッキーダービーにも出走権があったが、それをスキップして見事に栄冠を射止めた。通算成績は4戦3勝。