【栗山求(血統評論家)=コラム『今日から使える簡単血統塾』】

◆先週の血統ピックアップ

・5/29 日本ダービー(GI・東京・芝2400m)
 後方を追走したドウデュースが直線で外から抜け出し、イクイノックスの追撃をクビ差抑えて3歳馬の頂点に立ちました。

 勝ちタイムの2分21秒9は昨年の2分22秒5を更新するダービーレコード。

 父ハーツクライにとっては2014年のワンアンドオンリーに次ぐ2頭目のダービー馬で、朝日杯フューチュリティSの優勝馬が制覇したのは1993年のナリタブライアン以来29年ぶりです。

 母ダストアンドダイヤモンズは現役時代、ダート6.5ハロンの米G2を勝ち、ブリーダーズCフィリー&メアスプリント(米G1・ダート7ハロン)で2着となりました。ハーツクライ自身はスタミナに恵まれているので、母が短距離タイプ、という配合パターンは成功しています。バランスが取れてちょうどいい、というわけです。

 これまでにクラシックを勝ったワンアンドオンリーとヌーヴォレコルト(オークス)や、今週の安田記念で上位人気に推されそうなイルーシヴパンサー(東京新聞杯)もそうです。

 母の父ヴィンディケーションはブリーダーズCジュヴェナイル(米G1・ダート9ハロン)の勝ち馬で、中距離向きの適性がありました。脚質はシアトルスルー系らしい先行タイプで、これは娘のダストアンドダイヤモンズも同じでした。

 にもかかわらず、ドウデュースは芝向きの素晴らしい切れ味を備えています。このあたりは遺伝の不思議といえるでしょう。5月生まれのダービー馬は2012年のディープブリランテ以来10年ぶりです。

◆今週の血統注目馬は?

・6/4 由比ヶ浜特別(2勝クラス・東京・芝1400m)
 東京芝1400mに強い種牡馬はロードカナロア。2012年以降、当コースで産駒が20走以上した107頭の種牡馬のなかで、連対率26.3%は第2位。

 当レースには産駒のキミワクイーン、ソウテン、メイショウゲンセンの3頭が登録しています。

 注目は3歳勢のキミワクイーンとソウテン。前者はフィリーズレビュー7着馬で、後者は1勝クラスを勝ち上がってここに臨みます。過去10年間に3歳馬が5勝を挙げているレースなので期待できます。

【関連記事】