大井競馬場所属の早田功駿騎手は、本日5月31日付で騎手を引退する。TCK特別区競馬組合のリリースで発表された。

 早田功駿騎手は、1990年1月9日生まれの32歳。東京都出身。2007年4月16日に大井競馬でデビュー。同年5月にはネンガンで初勝利をマーク。2015年にはルックスザットキルで優駿スプリントを制し、重賞初制覇。同年の習志野きらっとスプリント、翌年のアフター5スター賞と重賞3勝を挙げた。

 また、2016年のゴールデンステッキ賞では14番人気ギンザヴィクトリアで勝利し、TCK単勝配当記録を演出した。通算成績は3367戦156勝(5月31日時点)。

 今年3月には父の早田秀治騎手も引退しており、父の引退後、わずか2カ月で息子もステッキを置くことになった。

◆主な騎乗馬 カッコ内は重賞勝鞍
ルックスザットキル(2015年優駿スプリント)
ルックスザットキル(2015年習志野きらっとスプリント)
ルックスザットキル(2016年アフター5スター賞)

【早田功駿騎手 コメント】
 思い出はたくさんありますが、ルックスザットキル号で重賞を3つ勝たせてもらったこと、2016年のゴールデンステッキ賞で21年ぶりに単勝の配当レコード記録を塗り替えたこと、3連単の配当レコードが出たレースで2着に入ったことが特に印象に残っています。

 騎手生活を続けることができたのは、自分だけの力ではなく、皆様のおかげだと思っています。約15年間、本当にありがとうございました。

(TCKのリリースより)