6/4(土)は東京・中京の2場開催。3日正午の馬場発表は2場いずれも芝・ダート共に良。4日の天気は東京が晴れ時々曇り、中京が晴れのち曇りの予報となっている。

■鳴尾記念でヴェルトライゼンデ復帰
 中京11Rは芝2000mの鳴尾記念(GIII)。20年の日本ダービー3着馬ヴェルトライゼンデが、屈腱炎による長期休養から約1年4か月ぶりに復帰する。鞍上はD.レーン騎手。他には、前走重賞初挑戦の新潟大賞典で2着だったカイザーバローズなど。

■中京5Rで2歳新馬戦開幕
 中京5Rは芝1600mの新馬戦。JRAの2歳新馬戦はこれがオープニングレースとなる。サトノダイヤモンドの初年度産駒ダイヤモンドハンズ、レッドファルクスの初年度産駒メイショウオトギ、ウリウリの仔トゥーテイルズなどがエントリーし9頭立てとなった。発走は12時15分。

■東京5Rの新馬戦ではエゾダイモンらがデビュー
 東京5Rは芝1600mの新馬戦。 グローリーヴェイズの弟にあたるハーツクライ産駒エゾダイモンをはじめ、GI馬の仔スティルディマーレ、オークス2着馬チェッキーノの初仔ノッキングポイントなど楽しみなメンバーが集まった。

■アハルテケSにアドマイヤルプスなど
 東京11Rはダート1600mのアハルテケS(OP)。目下6戦連続連対中で、前走同舞台のオアシスSでは2着だったアドマイヤルプス、平安Sで4着だったスマッシングハーツ、1年8か月ぶりとなるハギノアレグリアスなど。

■東京10Rにアネゴハダ出走
 東京10Rは芝1400mの由比ケ浜特別(2勝)。フィリーズレビュー3着などの実績がある3歳牝馬アネゴハダは、葵Sを除外となり1週スライド。菅原明良騎手との初コンビで勝ち上がりなるか。他には、ここまで芝では崩れていないソウテン、園田を連勝して再転入となるマテンロウアレスなど。

■東京7Rで良血サリエラ復帰
 東京7Rで行われる芝2000mの1勝クラスに、サラキアやサリオスの妹にあたる3歳牝馬サリエラが出走。新馬戦を3馬身差で圧勝して以来半年ぶりの復帰戦となる。鞍上は戸崎圭太騎手。既走馬相手のデビュー戦を勝利した3歳牝馬ビーナスローズも出走し、この2頭が人気を集めることになりそう。

■中京4Rでスタニングスター復帰
 中京4Rで行われる芝2000mの3歳未勝利にて、オークス馬ソウルスターリングの全妹スタニングスターが6か月半ぶりの休み明けを迎える。新馬戦9着から巻き返しなるか。鞍上は福永祐一騎手。

■西村淳也騎手が区切りの勝利まであとわずか
 西村淳也騎手はJRA通算200勝まであと3勝で、本日は中京で7鞍に騎乗する。