日本ダービーも終わり、2歳新馬戦も始まる今週末…。

 開催は「東京・中京」の2場。日曜日のGIは3歳も出走できるマイルの頂上戦・安田記念(東京芝1600m)がスタートする。1番人気馬の不振が続いている今年の春GIシリーズ。安田記念ではどんな結末が用意されているのだろうか。

 出走メンバーは、昨年安田記念3着のシュネルマイスター(ルメール)。現在4連勝中で東京新聞杯も勝っているイルーシヴパンサー(田辺)。昨年の富士S1着ソングライン、前走ヴィクトリアマイル2着ファインルージュ、NHKマイルC4着の3歳セリフォスなど、どれも上位ありそうな豪華なメンバー構成だ。時には大波乱も起こるレース。いつものように過去10年データから、レース傾向と馬券のヒントを探っていこう。

1. 1番人気馬が馬券になる確率は80パーセント?

 まずは人気上位馬たちの過去の成績チェックから。

 まず1番人気馬は、過去10年で3勝。ロードカナロア(13年)・ジャスタウェイ(14年)・モーリス(15年)と、種牡馬になってからも活躍している馬たちが名を連ねている。成績は【3-3-2-2】勝率30パーセント、連対率60パーセント、馬券圏内率80パーセントだ。春GIシリーズの1番人気馬成績としては高いほう。最近GI戦の1番人気馬不振を跳ね返すことができるだろうか?

 ちなみに2番人気馬は過去10年で1勝、成績は【1-0-1-8】と意外なまでの低水準。3番人気馬は過去10年で1勝、成績は【1-3-1-5】でこちらはまずまずの成績。ほかでは、7番人気馬1勝・8番人気馬2勝・9番人気馬1勝と中位人気馬の勝利が多いことが特徴。どうやらこのレースで狙うべきはこの人気ゾーンの馬たちのようだ。今年ならダノンザキッド、サリオス、レシステンシアあたり?

2. 1番人気馬が強いからといって「堅い」わけじゃない?

 上位人気が好走するわりには馬券配当は堅いわけではない。これはオークス・ダービーともにあった春GI後半戦の共通事項だ。特に安田記念での波乱理由は、項目1でも指摘したように7〜9番人気馬がアタマ勝ちすることがあるから。それとともに、1番人気馬が勝っている年でも2・3着に2桁人気馬が食い込んでくるからなのだ。

 過去10年で馬連は万馬券2回。3連複は万馬券6回。そして3連単では10万円以上に跳ねているのが6回。上位人気勢が揃って好走して堅かった19年&20年以外はほぼ高配当の結果になっている。堅い馬券に頼るよりは、思い切って波乱を狙う方が良いレースなのだ。

3. 1着馬を出す枠は偏っている?

 まずは関東と関西の比較。1着馬は過去10年で関東5勝・関西5勝のイーブンだ。

 馬券圏内30頭では、関東14頭・関西16頭。これもほぼ互角。しかし、近5年では関東の優勢傾向強め。特に昨年は上位3頭が関東で独占だった。今年も人気勢は関東中心。さてどうなるか。

 次に枠順の傾向。

 これは過去10年、1着馬は4種類の枠からしか出ていない。

 2枠1勝・3枠2勝・5枠4勝・7枠3勝。一番成績いいのは5枠。奇数枠が活躍している。反対に「1・4・6・8枠」からは勝馬が出ていない。

 ただこれを2・3着まで含めると、ほぼすべての枠が満遍なく絡んでくることになる。枠の有利不利に関してはさほど神経質になることもなさそうだ。面白い現象としては、5枠が4勝もしているわりには、2・3着には1度もなっていないことだろう。

4.前走ヴィクトリアマイルの牝馬は2着で狙える?

 前走ローテはどこからがいいのか?

 これはけっこうバラバラ。過去10年で1着馬として多いのは前走高松宮記念・京王杯SC・ダービー卿CTが2勝ずつ。あとは天皇賞秋・マイラーズC・安土城S・ドバイDFが1勝ずつである。

 ただ近4年では、前走ヴィクトリアマイルの牝馬が4年連続で2着になっている。ちなみにすべて5番人気以内だった。それより前の6年間では牝馬は馬券圏内になっていないので、近年の顕著な傾向といえるかも。今年は前走ヴィクトリアマイル組なのが、ソングライン、ファインルージュ、レシステンシアと3頭いる。今年も牝馬は注目しておきたい。

(netkeiba編集部)