5日、中京競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・芝1400m・9頭)は、好位でレースを進めた藤岡康太騎手騎乗の4番人気ジョウショーホープ(牡2、栗東・新谷功一厩舎)が、直線で馬の間から抜け出し、2着の3番人気メイクザビート(牡2、栗東・西園正都厩舎)に1馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分22秒3(良)。

 さらに1/2馬身差の3着に1番人気マニバドラ(牡2、栗東・森秀行厩舎)が入った。なお、2番人気ナゲットモンスター(牡2、栗東・西村真幸厩舎)は4着に終わった。

 勝ったジョウショーホープは、父ミッキーロケット、母スターフォーユー、その父アグネスデジタルという血統。新種牡馬ミッキーロケットの産駒はJRA初出走で初勝利となった。