ジャスティンカフェに注目したい。一気の3連勝で重賞制覇なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■6/12(日) エプソムC(3歳上・GIII・東京芝1800m)

 ジャスティンカフェ(牡4、栗東・安田翔伍厩舎)は現在2・3勝クラスを連勝中。いずれも強い勝ちっぷりで、特に前走は32秒9の上がりで2着馬を3馬身差突き放す圧巻の内容だった。今回は試金石の一戦となるが、あっさりクリアしてきてもおかしくないだろう。鞍上は横山典弘騎手。

 タイムトゥヘヴン(牡4、美浦・戸田博文厩舎)はダービー卿CTで強烈な追い込みを決めて重賞初制覇を飾ると、続く京王杯スプリングCでも3着と好走。当初目標としていた安田記念は除外で1週スライドとなったが、好状態をキープしており引き続き期待できそうだ。鞍上は戸崎圭太騎手。

 その他、昨年の覇者ザダル(牡6、美浦・大竹正博厩舎)、同舞台の共同通信杯を制した実績があるダーリントンホール(牡5、美浦・木村哲也厩舎)、昨年の府中牝馬S勝ち馬シャドウディーヴァ(牝6、美浦・斎藤誠厩舎)、今年3走目で前進が期待されるガロアクリーク(牡5、美浦・上原博之厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時45分。