JRAは7日、2022年度顕彰馬選定記者投票の結果、選定馬はいなかったことを発表した。

 今年の投票者数(記者202名)のうち、4分の3以上(152票以上)の票を得た馬が顕彰馬に選定されるが、最も票の多かったアーモンドアイとキングカメハメハはともに144票で8票及ばなかった。

 その他の選定対象馬ではブエナビスタ、モーリス、ヴィクトワールピサ、ステイゴールドなどが票を獲得。

 投票があった各馬の得票数と得票率は以下の通り。

馬名 得票数、得票率
アーモンドアイ 144、71.3%
キングカメハメハ 144、71.3%
ブエナビスタ 91、45.0%
モーリス 78、38.6%
ヴィクトワールピサ 30、14.9%
ステイゴールド 27、13.4%
クロフネ 24、11.9%
アグネスデジタル 21、10.4%
ダイワスカーレット 21、10.4%
ゴールドシップ 18、8.9%
シーザリオ 13、6.4%
リスグラシュー 7、3.5%
ハーツクライ 5、2.5%
エピファネイア 3、1.5%
ダイワメジャー 3、1.5%
アパパネ 2、1.0%
ジャスタウェイ 2、1.0%
シンボリクリスエス 2、1.0%

【選考方法】
投票者数(記者202名)の4分の3以上(152票以上)の票が必要
※記者1人あたり最大4頭まで投票可能

(JRAのホームページより)



【関連記事】