8日、大井競馬場で行われた第68回東京ダービー(3歳・重賞・ダ2000m・1着賞金5000万円)は、2番手に付けた本橋孝太騎手騎乗の6番人気カイル(牡3、浦和・小久保智厩舎)が、直線で先頭に立って押し切り、大外を追い込んだ12番人気クライオジェニック(牡3、大井・藤田輝信厩舎)に2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分07秒1(重)。

 さらにアタマ差の3着に2番人気リコーヴィクター(牡3、大井・荒山勝徳厩舎)が入った。3番人気ナッジ(牡3、大井・佐野謙二厩舎)は5着、1番人気シャルフジン(牡3、船橋・川島正一厩舎)は8着に終わった。

 なお、ミヤギザオウ(牡3、大井・森下淳平厩舎)はゲートで暴れた際、馬体に故障が発生したため競走除外となった。

 勝ったカイルは、父トーセンブライト、母トーセンヴェール、その父クロフネという血統。昨年9月以来の白星を重賞初制覇で飾った。本橋孝太騎手は2012年以来2度目、小久保智厩舎も2015年以来2度目の東京ダービー制覇となった。