【長岡一也=コラム「競馬白書」】

◆秋の舞台も見据えて絞り込みたい

 出走頭数は多くないのに、実に微妙なメンバーが揃った。エプソムCのこの5年を振り返ると、このGIII戦の難しさが分かる。連対を果たした10頭のうち半数以上の6頭が5番人気以下の伏兵で占められ、勝ち馬5頭全てが、ここが初めての重賞制覇だった。

 5年前のダッシングブレイズは、重賞8度目の挑戦で勝ち、次の年のサトノアーサーは6度目の挑戦で素質を開花させていた。そして、3年前のレイエンダは4度目、2年前のダイワキャグニーは全8勝を東京で勝っていて、府中の申し子と呼ばれていたが、重賞はこのエプソムCが13回目のチャレンジで勝利していた。そして昨年のザダルは、約8カ月の休養明けだったが、中段から豪快な末脚をくり出し、重賞5回目の挑戦で初めて勝っていた。こう見てくると、エプソムCで初めて重賞を勝ったとは言え、それまで何回かはチャレンジしたものばかりだった。

 今年は2頭の4歳馬、ジャスティンカフェとヤマニンサンパが初めての重賞を戦うのだが、ジャスティンカフェは条件戦を2連勝して安田記念に登録したが、除外となってこのGIII戦に回ってきた。前走東京のマイル戦を大外から豪快に3馬身差で突き抜けた勝ち方から選択肢を広げられるか、今後の可能性をこの1800米でためすことになる。もう一頭のヤマニンサンパは3カ月ぶりの実戦だが、前走が格上挑戦の1800米で、馬群をわって根性のあるところを見せていた。2連勝の内容がいずれも末脚を伸ばしてのもので、ディープインパクト産駒らしいレーススタイルが身についたように感じられている。

 この2頭とも、ためる競馬で真価を発揮してきたところが似ていて、広い東京コースでどんな走りを見せるか楽しみと言える。とにかく初めての重賞、伸び盛りの4歳馬がこの壁を乗りこえられるか、今年の見どころだ。

 エプソムCの連覇は、22年前のアメリカンボス、18年前のマイネルアムンゼンの2回あったが、それ以後は無い。今年は、6歳馬ザダルがそれに挑む。昨年勝ったあと秋に2度重賞で大敗しているが、いずれも馬場状態が合わなかったもの。年明け中京で行われた京都金杯では、57.5キロのハンデを克服し、3ハロン34秒2の最速の上がりで差し切り重賞2勝目をマークしている。久々の前走ダービー卿CTは、勝負どころで前が壁になり動けず大敗に終ったが、広い東京、それに左回りなら力は出せる。ただし、良馬場ならという条件はつくのだが。この10年で連覇をめざしたのは2頭だけ、7年前のディサイファが3着、2年前のレイエンダが10着に終っていて、難解ではある。

 この時期のGIII戦は秋の桧舞台を目標に戦うので、その可能性の高い4歳馬から検討するのが常道と言えるので、あとノースブリッジとタイムトゥヘヴンも加えておきたい。

「ひとつ越え また見えてくる 次の山」

【関連記事】