12日、中京競馬場で行われた三宮S(3歳上・OP・ダ1800m)は、3番手に付けた福永祐一騎手騎乗の2番人気ハヤブサナンデクン(牡6、栗東・吉村圭司厩舎)が、直線で先頭に立って後続を引き離し、追い込んだ3番人気ニューモニュメント(牡6、栗東・小崎憲厩舎)に6馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分50秒0(良)。

 さらに3/4馬身差の3着に6番人気ダノンスプレンダー(牡6、栗東・安田隆行厩舎)が入った。なお、1番人気スレイマン(牡4、栗東・池添学厩舎)は5着に終わった。

 勝ったハヤブサナンデクンは、父ゴールドアリュール、母ホワイトクルーザー、その父クロフネという血統。オープンはこれが初勝利。