12日、高知競馬場で行われた第50回高知優駿(3歳・重賞・ダ1900m・1着賞金1600万円)は、先団の後ろでレースを進めた林謙佑騎手騎乗の4番人気ガルボマンボ(牡3、高知・細川忠義厩舎)が、直線で前を差して先頭に立ち、追い込んだ3番人気ヴェレノ(牝3、高知・宮川真衣厩舎)に1馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分07秒1(重)。

 さらにハナ差の3着に1番人気コスモポポラリタ(牝3、大井・宗形竹見厩舎)が入った。なお、2番人気アイウォール(牡3、浦和・水野貴史厩舎)は4着に終わった。

 勝ったガルボマンボは、父ガルボ、母クロフネマンボ、その父クロフネという血統。ガルボ産駒として初めて重賞制覇を果たした。林謙佑騎手は約4年ぶりの重賞勝利で、高知優駿は初制覇。