現地時間11日、アメリカのベルモントパーク競馬場で行われた米国クラシック三冠最終戦、ベルモントS(米G1)は、I.オルティスJr.騎手騎乗のモードニゴール(牡3、Mo Donegal)が後続に3馬身差をつけて優勝した。勝ち時計は2:28:28(良)。

 モードニゴールは父Uncle Mo、母Callingmissbrown、母の父Pulpit。アメリカのT.プレッチャー厩舎の管理馬。

 8頭立てで行われたレースはウィーザピープル(牡3、F.プラ騎手)が先手を取り、スキッピーロングストッキング(牡3、M.フランコ騎手)が2番手追走。モードニゴールは外目の4番手追走から最終直線で先行勢を勢いよく抜き去り、追撃する紅一点のネスト(牝3、J.オルティス騎手)を振り切り栄光を手にした。ケンタッキーダービー覇者リッチストライクは6着、プリークネスS覇者アーリーヴォーティングは不出走だった。

 昨年9月にデビューし、2戦目に初勝利。続くレムゼンS(米G2)で重賞初制覇を果たし、今年4月のウッドメモリアルS(米G2)で重賞2勝目を挙げた。5月にチャーチルダウンズ競馬場で行われた米国クラシック三冠の初戦、ケンタッキーダービー(米G1)では5着となり、今回は巻き返しての快勝。三冠競走の最終戦で雪辱を果たした。