現地時間11日、アメリカのベルモントパーク競馬場で行われたメトロポリタンH(米G1・ダ1600m)は、F.プラ騎手が騎乗するフライトライン(牡4、Flightline)が後続に6馬身差をつけて圧勝した。勝ち時計は1:33:59(良)。

 レースは、世界ランキング4位のスピーカーズコーナー(牡4、J.アルバラード騎手)が先手を取り、フライトラインが続く展開。4コーナー手前でフライトラインが進出を開始し、直線では追撃するハッピーセイバー(牡5、I.オルティスJr.騎手)を悠々と振り切った。

 フライトラインは父Tapit、母Feathered、母の父Indian Charlie。アメリカのJ.サドラー厩舎の管理馬。

 昨年4月のデビュー戦を13.1/4馬身差で圧勝。9月に迎えた2走目の条件戦も12.3/4馬身差で圧勝した。昨年12月のマリブS(米G1)では、G1初挑戦ながら11.1/2馬身差の圧勝劇を見せた。

 その後、後脚を痛めるアクシデントがあったものの大事には至らず、今回の復帰戦では再び圧巻のパフォーマンスを見せ、G1連勝を果たした。通算成績は4戦4勝。