16日、門別競馬場で行われた第50回北海優駿(3歳・重賞・ダ2000m・1着賞金1000万円)は、好位馬群の内に入ってレースを進めた石川倭騎手騎乗の1番人気シルトプレ(牡3、北海道・米川昇厩舎)が、直線でも内を通って抜け出し、2着の7番人気ボニーマジェスティ(牡3、北海道・田中淳司厩舎)に1.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分06秒8(不良)。

 さらに1馬身差の3着に2番人気マナホク(牡3、北海道・桧森邦夫厩舎)が入った。なお、3番人気エンリル(牡3、北海道・角川秀樹厩舎)は4着に終わった。

 勝ったシルトプレは、父ワールドエース、母エアディケム、その父フレンチデピュティという血統。北斗盃からの連勝で、ホッカイドウ競馬3歳三冠の二冠を達成した。石川倭騎手は同レース連覇。