【細江純子=コラム『ホソジュンの幸せ馬房』】

◆斤量も前走の内容も魅力

 先週の函館SS、3歳馬ナムラクレアの強さが際立つ内容でしたね。

 50kgの斤量もありましたが、何よりもスタート後に前に取りつくことができた点が大きかったように思えます。

 一方、大敗の結果となったのがビアンフェ。

 状態は悪くない印象でしたが、同型のマークは厳しかった様子。対象的にレイハリアにおいては、松岡騎手がここ最近の競馬を変えたいとの思いが伝わってくる積極的な騎乗。

 負けはしましたが、この1戦で変わってくる気がし、次走の走りが楽しみとなってきました。

 そしてもう1頭、期待をしていたヴェントヴォーチェですが、流れが速すぎる形では分が悪いタイプ。開幕のハンデ戦では狙うべきではなかったと反省でした。でも逆を言えば、条件がととのった時は狙え、この1戦で見限らない方がいいようにも思えます。

 さて一方、東京で行われたエプソムCですが、こちらは直前で降った雨もあり、馬場が大きく影響する結果に。勝利をしたノースブリッジにおいては、コンビを組んだ当初から、この馬の能力にほれ込み、何とかしたいと話されていた岩田騎手。今回においても、まだ粗削りな面も見受けられる内容でしたが、ここで重賞勝利をしたことでレース選択など、馬中心で運べそうなだけに、戦歴も含め、今後のノビシロにさらに期待が持てそうです。

 さぁ今週は、阪神で牝馬重賞マーメイドSとなります。

 ハンデ戦に加え梅雨の時期もあって、荒れるイメージの強いレース。

 よって今回、狙ってみたいのは人気薄となりそうな馬の中から、ステイブルアスク。

 斤量51kgに加え、前走は久々の芝もあり前半ついていけずの競馬でしたが、最後は大外から33.3の上がりを使っての5着。

 少しテンションは高いタイプには見受けられますが、体重以上に体を大きく見せており、鞍上も経験豊富な藤岡騎手に。

 追い切りもキビキビとした動きでしたし、久々の芝を使ったことで、前半ある程度の位置で競馬を運ぶことができれば面白いようにも。またスルーセブンシーズも、前走22kgと体を増やしており、成長を感じました。秋華賞が11着なだけに、輸送競馬があわない可能性もありますが、経験と年齢を重ねたアドバンテージに期待します。

 それでは皆さん、土曜日深夜は関西テレビ「うまんchu」で、日曜日午後3時はフジテレビ「みんなのKEIBA」でお逢いしましょう。ホソジュンでしたぁ。

(文=細江純子)

【関連記事】