関東は梅雨真っ盛り。なかなか晴れ間も見えない週中だった…。

 開催は中京から阪神へと替わり「東京・阪神・函館」の3場開催。どうしても土日の天気は気になるところだ。重賞は日曜日に2つ。東京メインでは3歳のGIIIダート戦・ユニコーンS(東京ダート1600m)。そして阪神メインでは牝馬限定のハンデGIII戦・マーメイドS(阪神芝2000m)が行われる。

 注目は、今後の3歳ダート勢力図を決めるユニコーンS。今年も熱戦となりそうなメンバーが集まった。堅いのか荒れるのか? 過去10年データから、いつものようにレース傾向と馬券ヒントを探っていこう。

1.馬券圏内率90パーセント? 狙うならば〇番人気馬?

 まずは人気上位馬の過去の成績チェックから。

 1番人気馬は、過去10年でわずか3勝だけ。ストローハット(12年)、ルヴァンスレーヴ(18年)、カフェファラオ(20年)の3頭。成績は【3-2-0-5】。勝率30パーセント、連対率50パーセント、馬券圏内率50パーセント。1番人気としての成績はイマイチだ。先週は函館SSで1番人気馬がようやく勝利したが、今週は再び不遇の週末となるのかも…。

 ちなみに2番人気馬は過去10年で3勝、成績は【3-2-0-5】と1番人気とまったく同成績。ところが3番人気馬は、過去10年で3勝、成績は【3-2-4-1】で馬券圏内率9割という大活躍をしているのだ。しかもここまで9年連続で馬券圏内連続中! 狙うならば今年も3番人気馬なのかも?

 ユニコーンSは、人気薄が台頭するイメージもあるが、1着となるのは1〜3番人気馬だけで9割を占める。唯一の例外だったのが昨年は7番人気馬の勝利だった。単勝や連のアタマ固定に人気薄を持ってくるのはあまり得策ではないのかも。

2.馬連は堅めで! 高配当狙うならば3連単?

 ユニコーンSは、どちらかというと堅いレースだといえる。

 項目1でも指摘したように、上位人気3頭がそれなりに馬券に食い込んでいるからだ。

 特に馬連では、ガチガチともいえる配当10倍以下の年が5回もある。そのほかは10倍台と20倍台、80倍台と90倍台が1回ずつ。昨年ようやく馬連配当5万円台という万馬券(7&14番人気の組み合わせ)が出たが、オッズの高い馬連だけを狙い続けてきた穴党にとってはこれまで辛い成績の続いたレースだったわけだ。

 一方、3連複・3連単は、ある程度高配当を狙っても良さそう。

 上位人気3頭でガッチリ決着したのは16年の1度だけで、あとは上位の一角に中位人気が1頭絡むという構成になっているからだ。だが気を付けておきたいのは、2桁人気馬が食い込むことは多くないということ。過去10年で3頭だけしか前例がないからだ(注・13年は3着同着)。狙うならば中位までのちょい人気薄ということ。そこが馬券に絡むだけで高配当になっているのだ。

3.有利な枠、狙える馬場状態は?

 関東と関西の比較は、1着馬は過去10年で関東4勝・関西6勝でほぼ互角。

 馬券圏内31頭(13年に3着同着あり)では、関東13頭・関西18頭。わずかに関西馬のほうが優勢である。複数勝っている調教師は関東の堀厩舎が2勝。あとはすべて違う調教師。

 優勝騎手は、過去10年で福永と戸崎圭が2勝ずつ。あとは蛯名・ルメール・川田・M.デムーロ・レーン・坂井が1勝ずつをあげている。

 次に枠順の傾向。これは過去10年、1着馬はほぼ満遍なく、枠順の有利不利は見てとれない。

 馬券圏内31頭をまとめると、1枠と8枠の両端枠がやや優勢で、2、5、6枠がやや劣勢となる。ちなみに近3年は3連続で1枠が馬券になっている。

 あとは馬場状態について。過去10年で良馬場だったのはわずか3回だけ。あとは稍重が3回。重馬場が4回。梅雨の時期ながら不良馬場は1度もない。傾向としては、良馬場になるとわりと上位人気が活躍。重馬場になったほうが荒れ期待度は高くなるといえる。

4.ローテからは絞りづらい?

 次に前走ローテはどこからがいいか?

 これはかなりバラバラ。1着馬は前走兵庫チャンピオンシップからが2頭いるが、ほかは全部違う前走からとなっている。前走ローテから狙いをつけるのはかなり難しい。

 最後は血統。過去10年、種牡馬で複数回勝っているのはゴールドアリュールの3勝が最多。あとはマジェスティックウォリアーが2勝しているが、どちらの産駒も今年は1頭も出ていない。今年出ているなかで、唯一勝利あるのはヘニーヒューズ産駒のみ。同産駒セキフウは注意かも。

(netkeiba編集部)