中央・地方あわせて重賞4勝をあげたコパノキッキング(セ7、栗東・村山明厩舎)が、17日付で競走馬登録を抹消した。

 同日にJRAが発表した。なお、今後は滋賀県甲賀市の吉澤ステーブルで乗馬となる予定。

 コパノキッキングは父Spring At Last、母セラドン、母の父ゴールドヘイローという血統の米国産馬。

 2018年2月に京都競馬場でデビュー。デビューは遅れたが、同年12月のカペラSで重賞初制覇を果たし、スピード出世を遂げた。その後も、藤田菜七子騎手を背に翌年のカペラSを制覇するなど、ダート短距離路線で活躍を続けた。

 通算成績は25戦10勝(うち地方10戦1勝、海外3戦1勝)。獲得総賞金は4億220万7600円(うち地方8512万円、海外1億598万2600円)。

(JRAのホームページより)