好メンバーが揃った上半期の総決算だが、タイトルホルダーに注目したい。天皇賞・春からの条件変更をこなしてGI連勝なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■6/26(日) 宝塚記念(3歳上・GI・阪神芝2200m)

 タイトルホルダー(牡4、美浦・栗田徹厩舎)は前走の天皇賞・春を逃げて7馬身差で圧勝し、昨年の菊花賞に続く2つ目のGIタイトルを手にした。3歳時はエフフォーリアに後塵を拝してきたが、着実に力を付けて勢いのある今なら逆転も可能だろう。ファン投票1位に応える走りを期待したい。鞍上は横山和生騎手。

 エフフォーリア(牡4、美浦・鹿戸雄一厩舎)は昨年、皐月賞、天皇賞・秋、有馬記念でGIを3勝し年度代表馬に輝いた。4歳初戦となった前走の大阪杯はまさかの9着に敗れデビューから続いていた連対が7でストップしたが、ここで巻き返し改めて現役最強を証明することができるか。鞍上は横山武史騎手。

 デアリングタクト(牝5、栗東・杉山晴紀厩舎)は20年に史上初の無敗で牝馬三冠を達成。その後故障により長期休養を余儀なくされたが、前走のヴィクトリアマイルで約1年ぶりに復帰し6着と健闘した。上積みが見込める今回、完全復活があっても驚けないだろう。鞍上は松山弘平騎手。

 その他、今年の天皇賞・春などGIで2着が3回あるディープボンド(牡5、栗東・大久保龍志厩舎)、昨年のジャパンC・2着馬オーソリティ(牡5、美浦・木村哲也厩舎)、ドバイターフでGI初制覇を果たしたパンサラッサ(牡5、栗東・矢作芳人厩舎)、大阪杯の覇者ポタジェ(牡5、栗東・友道康夫厩舎)、短期騎乗最終週になるD.レーン騎手とのコンビで挑むヒシイグアス(牡6、美浦・堀宣行厩舎)なども戴冠を狙う。発走は15時40分。