中央・地方あわせて重賞4勝をあげたコパノキッキング(セ7、栗東・村山明厩舎)の繋養先が、大阪府羽曳野市の乗馬クラブクレイン大阪に決定した。今後は乗馬となる予定。23日にJRAが発表した。

 コパノキッキングは父Spring At Last、母セラドン、母の父ゴールドヘイローという血統の米国産馬。通算成績は25戦10勝(うち地方10戦1勝、海外3戦1勝)。獲得総賞金は4億220万7600円(うち地方8512万円、海外1億598万2600円)。

 同馬は17日にJRAの競走馬登録を抹消したが、その時点では繋養先が発表されていなかった。

(JRAのホームページより)