6月26日に阪神競馬場で行われる宝塚記念(3歳上・GI・芝2200m)。種牡馬に目をやると、出走18頭中唯一のハーツクライ産駒となるのが、ヒシイグアス(牡6、美浦・堀宣行厩舎)だ。

 ヒシイグアスは父ハーツクライ、母ラリズ、母の父Bernsteinという血統。

 2018年11月に東京競馬場でデビュー。新馬戦は2着に敗れたが、未勝利戦・若竹賞を連勝。春クラシックを目指したが、スプリングSで5着に敗れ、出走は叶わなかった。その後、2020年11月のウェルカムSでオープン入りを果たし、翌年初戦の中山金杯で重賞初制覇。続く中山記念も勝利し、年末の香港Cでラヴズオンリーユーの2着に好走した。今年は4月の大阪杯で始動し、ここでも4着に善戦している。通算成績は14戦6勝。

 23日にJRAより枠順が発表され、ヒシイグアスは5枠10番に入った。奇しくも、同じ冠名「ヒシ」を持つヒシミラクルが2003年に宝塚記念を制した時の枠番だ。前年の年度代表馬シンボリクリスエスや同年のダービー馬ネオユニヴァースなど豪華メンバーが揃った中、単勝16.3倍の6番人気ヒシミラクルは最後の直線で外に持ち出し、粘りこむ各馬をとらえて優勝。10番人気で勝利した菊花賞、7番人気で勝利した天皇賞・春に続き、3度目のミラクルを起こしてみせた。鞍上のD.レーン騎手も2019年にヒシイグアスと同じハーツクライ産駒リスグラシューでこのレースを制しており、実績面では申し分ない。19年前に輝きを放った「ヒシ」の冠名が再び甦るのか、オールドファンにとっても必見の一頭だ。