上半期を締めくくる「春のグランプリ」。過去10年で1〜3番人気は7勝2着3回3着3回。1番人気に限れば3勝2着2回3着1回。直線が短い内回りコースが使用されるうえに梅雨時で馬場コンディションも不安定。おまけにシーズン末期に行われるレースだけあって、定量戦で行われる古馬GI競走ということを考えれば、やや波乱傾向だが、過去10年の勝馬中8頭が前走でGIレースを経験している馬たち。「格」も無視できないレースだ。

 ◎ディープボンドは天皇賞・春2着2回、有馬記念2着1回。3歳時はコントレイルの陰に隠れるような存在だったが、今では現役屈指の実力馬に成長した。成績だけを見ればステイヤーだが、祖母が東京3歳優駿牝馬2着馬で、キングヘイロー産駒の母は先行力を武器に芝の1200・1600、ダート1800mで1勝ずつ。ヘニーヒューズ産駒の半兄ダンケシェーンはダート短距離で3勝。これまでディープボンドが積み上げてきた実績には敬意しかなく、それを踏まえた上でも3000m級より中距離でパフォーマンスを上げてくる可能性を否定できない。昨年の有馬記念でも逃げたパンサラッサを交わして先頭に立ったタイトルホルダーに鈴を付けに行ったのはこの馬だった。

 〇デアリングタクトは三冠牝馬。脚部不安によって1年間を棒に振ったのち、前走のヴィクトリアマイルは22kg増の馬体重で出走し、0.5秒差6着だった。淀みなく流れる東京マイルは休み明けの馬には厳しかったはずで、内容的には十分合格点が与えられるものだった。阪神コースの重馬場は桜花賞で経験済み。3歳時のジャパンカップ、あるいは香港のクイーンエリザベス2世カップの内容から距離延長は有利のはずだ。

 ▲ヒシイグアスは中山金杯、そして中山記念優勝馬。昨年末の香港カップは2着で、前走の大阪杯は勝ったポタジェから0.3秒差4着だった。使える脚が短い印象なので長い直線コースよりも直線の短い内回りコース向き。2200mの距離は初めてだが、ハーツクライの産駒で全6勝を1800〜2000mで記録しているのだから大きなマイナスになることはないはずだ。D.レーン騎手がどんな位置でレースを進めるのかも興味深い。

 △タイトルホルダーは菊花賞、そして天皇賞・春優勝馬。これまでの実績が示すとおりに長距離レースでのスタミナ比べには絶大な自信を持っている。今回はマイペースで行けるかどうかがポイントになりそうだが、重馬場は間違いなく上手いはず。

 △エフフォーリアは昨年の年度代表馬。デビューから完璧なレースを続けて皐月賞も、天皇賞・秋も有馬記念も勝っただけに前走の大敗には首をひねるばかり。関西圏への輸送も2度目なので巻き返しを期待したい。

 最後に、海外を転戦してきた△オーソリティの名前を挙げておく。