25日、東京競馬場で行われた東京ジャンプS(3歳上・JGIII・障害3110m)は、1周目ホームストレッチでハナを奪い単騎逃げに持ち込んだ上野翔騎手騎乗の8番人気ケイティクレバー(牡7、美浦・清水英克厩舎)が、そのままゴールまで押し切り、最後は2着の3番人気ホッコーメヴィウス(セ6、栗東・清水久詞厩舎)に6馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは3分26秒2(良)。

 さらにハナ差の3着に1番人気エイシンクリック(牡8、栗東・坂口智康厩舎)が入った。なお、2番人気ゼノヴァース(牡5、栗東・小林真也厩舎)は4着に終わった。

 勝ったケイティクレバーは、父ハービンジャー、母モルトフェリーチェ、その父ディープインパクトという血統。3走ぶりの障害戦を重賞初制覇で飾った。上野翔騎手にとってもこれが重賞初勝利。