25日、阪神競馬場で行われた天保山S(3歳上・OP・ダ1400m)は、好位集団でレースを進めた藤岡康太騎手騎乗の1番人気ケイアイドリー(牡5、栗東・村山明厩舎)が、逃げる4番人気シゲルタイタン(牡5、美浦・伊藤圭三厩舎)を直線で交わし、これに1.3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分23秒6(良)。

 さらに1.1/2馬身差の3着に13番人気メイショウテンスイ(牡5、栗東・南井克巳厩舎)が入った。なお、2番人気タガノビューティー(牡5、栗東・西園正都厩舎)は4着、3番人気グレートウォリアー(牡7、栗東・藤原英昭厩舎)は5着に終わった。

 勝ったケイアイドリーは、父エスポワールシチー、母アルヴェナ、その父Seeking the Goldという血統。オープンはこれが初勝利。