7月3日に福島競馬場で行われるラジオNIKKEI賞(3歳・GIII・芝1800m)。3歳馬の限定戦ながら、出走各馬にハンデキャップがつけられるため波乱決着が多く、昨年は単勝11番人気のワールドリバイバルが2着に激走。一昨年は単勝8番人気のバビットが5馬身差の圧勝を見せた。

 今年のトップハンデは毎日杯(GIII)2着馬のベジャール(牡3、美浦・田中博康厩舎)の56.0kg。最軽量は今年5月に単勝156.2倍の伏兵評価で1勝クラスを勝ち上がったタガノフィナーレ(牝3、栗東・中村直也厩舎)の51.0kgで、5kgの斤量差が開いた。

 2018年の2着馬は後に菊花賞(GI)制覇や天皇賞・春(GI)連覇を達成するフィエールマン、一昨年は後にドバイターフ(G1)を制するパンサラッサが2着と、成長過程ゆえに後の名馬が後塵を拝する機会の多いレースでもある。出走各馬の『現時点でのパフォーマンス』の見極めがポイントとなるだろう。

【過去10年で3着内に入線した1番人気馬】
2018年 フィエールマン(2着)
2016年 ゼーヴィント(1着)
2015年 アンビシャス(1着)
2014年 クラリティシチー(2着)
2012年 ヤマニンファラオ(2着)

【過去10年内における伏兵馬の好走例】
2021年 ワールドリバイバル(2着・11人気)
2020年 バビット(1着・8人気)
2019年 マイネルサーパス(2着・9人気)
2018年 キボウノダイチ(3着・9人気)
2017年 ウインガナドル(2着・8人気)
2017年 ロードリベラル(3着・9人気)
2016年 ダイワドレッサー(2着・9人気)
2015年 マルターズアポジー(3着・12人気)
2013年 ケイアイチョウサン(1着・8人気)
2013年 カシノピカチュウ(2着・14人気)
2012年 オペラダンシング(3着・16人気)