2019年牡馬クラシックの中心的存在だったヴェロックス(牡6、栗東・中内田充正厩舎)、昨年の阪神JF2着馬ラブリイユアアイズ(牝3、美浦・黒岩陽一厩舎)が、それぞれ6月29日と30日にJRAの競走馬登録を抹消した。

 ヴェロックスは父ジャスタウェイ、母セルキス、母の父Monsunという血統。2018年8月にデビュー。牡馬クラシック路線の有力馬として名乗りをあげ、皐月賞2着、日本ダービー3着、菊花賞3着と、牡馬三冠全てで馬券圏内に入った。その後は勝ち星をあげられず、直近では今年2月の小倉大賞典で13着に敗れている。通算成績は20戦3勝。

 ラブリイユアアイズは父ロゴタイプ、母オープンユアアイズ、母の父ヴィクトワールピサという血統。2021年6月にデビュー。新馬・クローバー賞を連勝し、重賞初挑戦の京王杯2歳Sで3着。暮れの2歳女王決定戦・阪神JFでも2着に好走している。その後、桜花賞に直行し、ここでは18着に敗れていた。通算成績は5戦2勝。

(JRAのホームページより)