2018年のステイヤーズS(GII)を制したリッジマン(牡9、栗東・庄野靖志厩舎)がJRAの競走馬登録を抹消。1日、JRAのホームページ上で発表された。今後は地方競馬に移籍予定だが、移籍先は未定。

 リッジマンは父スウェプトオーヴァーボード、母アドマイヤモンロー、母の父Caerleonという血統。

 2015年6月にホッカイドウ競馬の田中淳司厩舎からデビュー。ダート1000mの初陣で勝利を挙げると、8月のクローバー賞(OP)では単勝最低人気ながらハナ差2着に逃げ粘り、波乱を演出するとともにJRA所属馬と渡り合う実力を見せた。その後、地方所属からJRAに転厩し、2016年以降は中央所属馬として現役生活を送る。

 中央所属では一貫して芝のレースに出走し、2017年の札幌日刊スポーツ杯(1000万下)を制すると、翌2018年の万葉S(OP)に格上挑戦し2着。続くダイヤモンドS(GIII)でも2着に好走。同年9月の丹頂S(OP)を快勝し、1600万条件を経由せずオープン初勝利を果たした。12月のステイヤーズS(GII)では、同競走3連覇のアルバートが出走取消となるアクシデントの中、単勝1番人気に支持され、後続に2.1/2馬身差をつける快勝で重賞初制覇を果たした。昨年から入障し、同年11月に障害初勝利を挙げていた。通算成績は42戦7勝。