【栗山求(血統評論家)=コラム『今日から使える簡単血統塾』】

◆先週の血統ピックアップ

・7/3 ラジオNIKKEI賞(GIII・福島・芝1800m)

 好位を追走したフェーングロッテンが直線で最内を突いて抜け出しました。前走の白百合Sは逃げて新味を出したのですが、今回は控える競馬に戻しての連勝。この自在性は大きな武器です。

 スプリンターズSを勝ったピクシーナイトの半弟。母の父キングヘイローは成功しており、ディープボンド、イクイノックス、ウォーターナビレラ、アサマノイタズラ、ヴァイスメテオール、キングズガードなど多くの活躍馬が出ています。昨年のこのレースはヴァイスメテオールが勝っているので、母の父キングヘイローが連覇したことになります。

 父ブラックタイドはディープインパクトの全兄にあたる良血で、キタサンブラックの父として有名です。本馬を含めてディープボンド、イクイノックス、ウォーターナビレラは、ブラックタイドまたはディープインパクトの父系、という共通点があります。そして、イクイノックスと本馬は、近い世代にブラックタイド、キングヘイロー、サクラバクシンオーを持っており血統構成がよく似ています。

◆今週の血統注目馬は?

・7/10 タイランドC(1勝クラス・小倉・芝2600m)
 小倉芝2600mに強い種牡馬はエピファネイア。2012年以降、当コースで産駒が10走以上した29頭の種牡馬のなかで連対率33.3%は第1位。今回登録しているスズノマーベリックは前走の未勝利戦で初勝利を挙げたばかりですが、距離を2400mに延長した途端勝ち上がったように、長距離適性の高さがうかがえます。母はダービー馬ディープスカイの全妹と血統的にも筋が通っています。

【関連記事】